toggle
Just another WordPress site
2016-08-15

【DIY初級編】5分で完成!節分だけでは勿体ない!多彩に使える『和柄ボックス』の作り方

小さい頃から見慣れているあの「豆まきの箱」が
お菓子や小物を入れる『和柄ボックス』として大活躍!


この箱、懐かしいと思いませんか?
子供の頃、一度は折ったことありますよね?
そうです、節分の豆まきの時に作った箱です!

小学生の頃よく通っていた駄菓子屋さん、
チラシでこの箱を作って、お菓子を入れて売っていたなぁ〜

そんな懐かしい「ただの紙の箱」ですが
かわいい柄をプリントして作ると
立派なインテリアになるんです。
お菓子を入れて、ちょっとしたおもてなしもいいですよ!

節分には、素敵な和柄をプリントした豆入れで
子供たちと豆まきを楽しむなんて
なんだか小さな幸せ感じますよね (o^∇^o)

和柄ボックスの作り方

【用意するもの】A4のプリンタ専用紙1枚

ハサミやのりを使わずに
折り紙のように折るだけで、簡単に作れるんです!


①まずは紙にお好きな和柄を裏表に印刷します。紙はやや厚めの方が
しっかりします。フチなし印刷にした方が仕上がりがキレイです。


②半分に折ります。


③もう半分に折ります。


④中を開いて折ります。


⑤反対側も同じように開きます。


⑥わきを折り返します。


⑦端から真ん中の線に半分に折ります。


⑧反対側も同様に折ります。


⑨下側を折りかえします。


⑩三角の部分を折って、折り目をつける。


⑪元に戻して、折り目に沿って中を開いたら完成です!

 最後に、A4用紙のテンプレートをプレゼントします!
ここでご紹介したボックスに使った
「桔梗」と「豆絞」の柄のPDFファイルです。
ぜひご活用ください。

 

あなただけのオリジナルボックス作りに役立つ
多数の日本の文様の素材データが
↓ここから無料でダウンロードできます!

厳選した花柄のデータを、JPEGだけのセットのため、
格安価格でご提供中!なんと、20パターンで¥300!
DIYに大活躍すること間違いなしです!!
↓ここからダウンロードできます!

あなたの日々の暮らしが、もっと素敵なものになりますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です