toggle
Just another WordPress site
2016-09-19

【DIY初級編】5分で完成!A4用紙を折って包む『和柄折形封筒』は季節感や縁起も伝わる優れもの

身近なA4用紙を、切らずに折るだけで封もできる。
『和柄折形封筒』の折り方は、知っておくと便利!

折形(おりがた)ってご存知ですか?
贈答などの際に、紙を折って物を包む
日本の礼儀作法の1つです。

平安時代より贈答をする際に、進物を紙で包むようになり、
室町幕府には各武家で独自の折形が設定されていたようです。
江戸時代に入って和紙が安価に大量に出回り、
庶民に広まるようになると、数が爆発的に増えたとされています。

現代でも、何か買い物をしたときの
お店の包装やラッピングも凝っていますよね。
無駄に袋をたくさんくれますしね(笑)
雨が降ってる日はビニールまでかけてくれる!
これも古来からの心遣いに基づいているのかもしれません。

折り紙も小さい頃から慣れ親しんでいますし、
折ったり、包んだりすることは
日本人にとっては身近ですよね。

今回ご紹介したのは、折形の一種、お札を包む封筒型の包み方です。
突然の用で、封筒が用意ができないときなどに便利です。
テンプレートなしでも、簡単なのですぐ覚えられるので、
一度トライしてみてくださいね。

和柄折形封筒の作り方

【用意するもの】プリンタ専用紙


CHECK!!
和紙のインクジェット専用紙があるのもご存知ですか?
コレを使うと、色が少し沈んで
ノスタルジックな雰囲気が出てオススメです!
私の場合、裏のザラザラした面に和柄を入れた方が、
和紙の質感が楽しめるので、好きです。


①まずはこのテンプレートをダウンロードします。


②プリンタ専用紙に、表にお好きな柄を、
裏に折型封筒テンプレートを両面に印刷します。
(裏の画像、線が見えづらくてごめんなさい…)


③テンプレートの一番下の横線を折ります。


下から2番目の横線を折ります。


⑤上の横線に折り目をつけておきます。


⑥両側の縦線を一度折ります。


⑦折った縦線に合わせて、下の両角を三角に折ります。


⑧両側をもう一度折ります。


上の両角を三角に折ります。


⑩センターのポケットに差し込みます。


⑪完成です!


⑫お好みでステッカーも印刷してください。


このラベルシールを購入し、プリンタにセットし、
印刷するだけで、簡単にステッカーができるよう、サイズ設定してあります。

このようにオシャレな文様の紙で包んで、
ステッカーを貼れば、手抜き感ナシ!

折形は、調べてみたらかなり奥が深く、
本当に美しい、日本が誇れる文化なのですが、
初めての人には結構難しそうなのです〜。
まずはこのくらい簡単なものから、
慣れ親しんでいただけたらと思います。

折形について、もっと知りたい方、試してみたい方は、
こちらのサイトがテンプレートもダウンロードできて
デザインもとても美しいので、オススメです!
A4折形

JAPANESE MONでは、様々な文様の
データを用意していますので、お好きな文様を選んで、
自分だけのオリジナル折形封筒を作ってみてくださいね♡

あなただけのオリジナル折形封筒作りに役立つ
多数の日本の文様の素材データが
↓ここから無料でダウンロードできます!

厳選した花柄のデータを、JPEGだけのセットのため、
格安価格でご提供中!なんと、20パターンで¥300!
DIYに大活躍すること間違いなしです!!
↓ここからダウンロードできます!

あなたの日々の暮らしが、もっと豊かなものになりますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です