toggle
Just another WordPress site
2016-08-17

【和柄無料素材/市松】全デザイナー必見!商用フリー背景ベクター素材(EPS・JPG・PNG)

市松(いちまつ)

色違いの正方形を交互に敷き詰めた入れ替え模様。
平安時代には「霰(あられ)」と呼んで地文にした。
単純な構成文様なので古くから見られ、工芸品、染織品の他、
桂離宮の襖のような室内装飾にも使われた。
江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が愛用したので
俗に市松模様と呼ばれるようになった。
(日本・中国の文様事典より引用)

ただいまリオ五輪の真っ只中!
大活躍の日本勢、メダルラッシュで
毎日感動を届けていただいております!

4年後の東京五輪のエンブレム、
紆余曲折ありましたが、新たに決定したデザインは
市松をモチーフにしたものでしたね。

歴史的に世界中で愛され、
日本では江戸時代に「市松模様」として広まった
チェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、
粋な日本らしさを描いた。
(東京五輪公式サイトより)

Print

私は個人的に好きです、このデザイン!
シンプルでいいじゃないですか〜!
世界中で親しまれているデザインを取り込みつつ
日本らしさも演出されていて、素敵ですよね。

このエンブレムのおかげで
市松の文様自体にも注目が集まっているようです。

市松は、幾何学模様の最も単純なものとして
世界中で古くから種々の物の意匠に用いられてきました。
その発生はおそらく原始時代にさかのぼると言われています。

日本では古くは古墳時代の
埴輪(はにわ)の服装にこの模様がみられ
7~8世紀ころの法隆寺や正倉院の染織品にも
織模様として多く用いられています。

「霰」や「石畳」とも呼ばれていましたが
江戸時代に人気歌舞伎役者の「佐野川市松」が
この文様をつけた袴を身につけたことから
市松文様として大流行しました。

英語では「チェッカー」と呼ばれ
カーレースのゴールラインで
振られる旗(チェッカーフラグ)で有名ですね。

とにかくシンプルなので、どんなデザインにも
オールマイティに使えます。
和風でも洋風でも中華風でも
世界中の味付けができる、万能調味料ですね。

市松文様のバリエーション

市松(石畳)
二色の正方形を互い違いに敷き詰めた文様。

無料ダウンロードはここをクリック!

市松花菱
市松の正方形を花菱にした文様。

無料ダウンロードはここをクリック!

36パターンの基本の文様を一括でダウンロードするならこちら!
無料素材DL 
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です